初心者

【完全版】難しくて繊細?コウモリラン「リドレイ」の育て方

こんにちは。

月刊ビカクシダです。

今回は大人気コウモリラン「リドレイ」の育て方を特集しちゃいます。

コロンと丸いフォルムが可愛いんですよねーー

まず特徴から説明していくよー!

リドレイの特徴は?

胞子葉

貯水葉

 

成長点

誰でもできる!リドレイの育て方

原産国の気温気候の特徴を見ると、リドレイの育て方を予測できます。

リドレイの原産国は以下の3つ。

島の気候データを元に、リドレイの育て方を考えてみましょう。

水やり

  • 高温多湿(ボルネオ島)
  • スコールは2〜3時間降り続ける(ボルネオ島)
  • 乾季はあるが、雨は多い(ボルネオ島)

リドレイは、高温多湿な場所で育ちます。

ボルネオ島は、スコールのあとカラっと晴れます。つまり、水やりと乾燥を繰り返すように育てると、元気に育ちます。

とても繊細な品種なので、水のあげすぎはNG乾燥のしすぎも枯れてしまうので注意です。

日当たり

  • 中央部を赤道が通っている(マレー半島)
  • 紫外線が強い(マレー半島)

コウモリランは葉焼けはNG。色が悪くなり、植物そのものがダメージを受けてしまいます。

葉焼けって何?と思ったらこの記事を読んでね!▶︎火傷と同じ?【本当は怖い】コウモリランの葉焼けを解説|前編

葉焼けに弱いと言われているリドレイ。しかし、直射日光を浴びても元気な個体もいるようです。

リドレイは、赤道に近い島々で進化した品種。もしかしたら、直射日光に強い個体もいるのではないかと期待しています。

でも葉焼けはやっぱり怖い。初心者さんは、まず半日陰で育てることをおすすめします。

風通し

  • 大陸の影響があり、風がとても強い(スマトラ島)
  • 1年を通して気温が一定(スマトラ島)
  • 乾季はあるが、雨は多い(ボルネオ島)

とても大事なポイントなので大きな声で叫びます。

リドレイは、風通しがいっっっちばん大事です!!!

とにかく蒸らさない。

蒸らさないことが大事です。

サーキュレーターなどで風を当てて、乾燥させてあげましょう。

繊細すぎる】リドレイの注意点は?

リドレイはとってもナイーブ。

元気に育てるための、リドレイの注意点をまとめました。

①水のあげ忘れに注意

リドレイは他のコウモリランのように、貯水葉にお水を貯めるのが苦手。毎日お水をあげる必要があります。

完全に水苔が乾燥してしまうと、枯れちゃいます。

霧吹きで小まめにお水をあげて、乾燥しすぎないようにしましょう。

②葉焼けに注意

リドレイは直射日光が苦手。カーテン越しの半日陰に置きましょう。

葉焼けを起こすと、綺麗なグリーンの色味が抜けてしまいます。

さらに、植物そのものが大きなダメージを受け、弱ってしまいます。

本当は怖い「葉焼け」についてはこの記事を読んでね▶︎火傷と同じ?【本当は怖い】コウモリランの葉焼けを解説|前編

③環境の変化が苦手

環境の変化はリドレイの強いストレスになります。

季節の変わり目や、購入したばかりの頃は特に注意が必要です。

環境の変化が大きすぎると、適応できずに元気がなくなってしまう場合も。

徐々に環境に馴染むように、丁寧に育ててあげてください。

リドレイは夏の蒸れに要注意

日本の夏は暑い!

猛暑のせいで、冬から大事に育てていたリドレイが枯れてしまいました・・・

これは枯れてしまったリドレイの写真です。

枯れた原因は

  • 葉焼けにより個体そのものが弱った。
  • 窓際の気温が高すぎた。
  • 湿度が高く、貯水葉の中が蒸れた
  • 蒸れたことで、根腐れを起こした。

最近の猛暑はとても厄介!コウモリランも夏バテ気味です。

夏場は猛暑による蒸れに注意!サーキュレーターを導入して、空気を循環させてね!

コツを掴んで立派なリドレイに育てよう

リドレイは、コウモリランの中でも特に人気がある品種。

しかし、育てるのが難しいのがほんとのところ。

コツを掴んで丁寧に育てれば、立派なリドレイに育ちます!

ぜひ挑戦してみてねー!

隠れファンが多い「エレファントティス」って知ってる?▶︎

【完全版】休眠するコウモリラン「エレファントティス」の育て方

育てやすいコウモリランが欲しいひとはこの記事を読んでね!▶︎

【決定版】雑貨屋にあるコウモリラン「ビフルカツム」の育て方