葉焼け

火傷と同じ?【本当は怖い】コウモリランの葉焼けを解説|前編

気温が高くなってくると、様々なトラブルが発生します。

今回は、「葉焼け」について徹底的にリサーチしました。

葉焼けは、人間の「日焼け」にそっくり。

どうやら、とっても恐ろしいトラブルのようです。

システムを理解し、コウモリランのトラブルを防止しましょう。

葉焼けとは?

葉焼けとは、言葉の通り「葉っぱが焼けてしまうこと」です。

人間の日焼けと同じで、様々なトラブルの原因になります。

葉焼けを起こしたら、どんな症状が出るのでしょうか?

葉焼けを起こすタイミング

  • ベランダで日光浴をさせたとき
  • 季節の変わり目
  • コウモリランの配置換え

それでは、葉焼けを起こしたコウモリランを実際に見てください。

黄緑色に変色し、

中心が茶色く枯れちゃってる!

植物は、葉焼けを起こすと、茶色く色が変色し

枯れてしまいます。

葉焼けは、どうして起こるのでしょうか?

葉焼けはどのような仕組みで起こるの?

ここでは、植物が葉焼けを起こすシステムを紹介します。

上からひとつひとつ説明していくので、構造を知りましょう。

①「葉焼け防御システム」が作動中

植物には、葉焼けをしないように

「防御システム」が元々備わっています。

しかし、残念ながら、

コウモリランはシステムの機能が「弱い」植物なのです。

②環境で防御システムがスリープ

あなたは、コウモリランをどこに飾っていますか?

1年中屋外で育てているという人は、

少ないのではないでしょうか。

日陰(部屋の中)は

葉焼けの心配がない

安心する

スリープ状態になる

防御システムをスリープ状態にすると、

パワーを別の部分に使うことができるんだ!

③予期せぬ直射日光

「防御システムが弱い」

「日陰でスリープ状態」のコウモリラン。

ここに、直射日光が当たったらどうなるでしょうか?

予期せぬ強い直射日光

大きなショックを受ける

ストレスになる

④葉焼けを起こす

葉焼けは、ダメージによるストレスで起こります。

ビジュアルが悪くなるだけでなく、

植物そのものに大きなダメージが!

次は、葉焼けをわかりやすく説明するよ!

「葉焼け=日焼け」人間で例えてみた!

葉焼けって「日焼け」に似ていませんか?

ここでは、葉焼けをもっとわかりやすく知ってもらうために、

人間に例えてみました。

肌が黒くなる

ーーー上が人間、下がコウモリラン?順番が同じ!

「日焼け」「葉焼け」は、

3段階で説明することが可能です。

「日焼け」

肌色▶︎真っ赤になる▶︎肌が黒くなる

「葉焼け」

深い緑▶︎黄緑色▶︎茶色く枯れる

ーーー海に遊びに行って焼きすぎると、肌が真っ赤になって大変!

コウモリランも同じで、

「黄緑色に変色」してしまうんだ。

葉焼けの原因は「紫外線」じゃない!?

ーーー強い直射日光ということは、

「紫外線」に注意すればいいの?

注目!

ここに落とし穴があるよ!!

葉焼けと直射日光について、詳しく解説します。

実は、人間と植物は、葉焼けする「光」に違いがあります。

人間は紫外線が原因で日焼けします。

コウモリランは可視光が原因で葉焼けします。

種類が全く違うんだね!

紫外線をブロックすればいい

それは、勘違いです!

紫外線は、「植物に害があるからNG」

「茎が大きく育つからOK」などなど色々な説があります。

ここでは、

「紫外線」ではなく「光そのもの(可視光)」をブロックすると覚えてね!

後編へ続く!

ここまで、葉焼けのシステムを説明しました。

後編は、葉焼けの対処法に進みます。

「水切れの害」や「葉焼けの負のループ」など、

葉焼けの怖さを実感できるはず。