初心者

コウモリランが枯れそう!【前兆】【原因】【対処法】をシンプル解説

この記事のまとめ

枯れる【前兆】は

  1. 胞子葉がだらんと垂れる
  2. 胞子葉がしわしわになる
  3. 成長点が黒くなる

枯れる【原因】は

  1. 根腐れ
  2. 水切れ
  3. 寒さ
  4. 害虫
  5. 病気

枯れない【対処法】は

  1. 水をあげすぎない
  2. 乾燥のしすぎに注意
  3. 室温は10度以上
  4. カイガラムシに注意
  5. 炭そ病に注意

胞子葉がだらんと垂れる

胞子葉がだらんと垂れるのは、枯れる前兆です。

  1. 葉に弾力はあるか?
  2. ハリはあるか?
  3. ふにゃふにゃと柔らかくなっていないか?

3つのポイントを確かめましょう。

コウモリランが枯れる原因は?
水切れ
根腐れ

胞子葉がしわしわになる

胞子葉がしわしわになるのは、枯れる前兆です。

  1. 最後にお水をあげたのはいつか?
  2. 触った感触がカサカサとしていないか?
  3. 成長点が乾燥しきっていないか?

3つのポイントを確かめましょう。

枯れる原因は?
水切れ
葉焼け

成長点が黒くなる

成長点が黒くなるのは、枯れる前兆です。

  1. 緑色の部分が少しでも残っているか?
  2. 成長点の毛が縮んでいないか?
  3. ブヨブヨに腐っていないか?

3つのポイントを確かめましょう。

コウモリランが枯れる原因は?
根腐れ
水切れ
害虫

貯水葉が茶色く変色する

貯水葉が茶色く変色するのは、枯れる前兆です。

  1. 水をあげすぎていないか?
  2. 真ん中から茶色くなっていないか?
  3. 茶色い部分が腐っていないか?

3つのポイントを確かめましょう。

コウモリランが枯れる原因は?
根腐れ

カビたような匂いがする

カビたような匂いがするのは、枯れる前兆です。

  1. 雨に濡れ続けていないか?
  2. 突然気温が低下していないか?
  3. 成長点が変色しはじめていないか?

3つのポイントを確かめましょう。

コウモリランが枯れる原因は?
根腐れ
寒さ

水切れ

水切れによるトラブルは

  • お水のあげ忘れ
  • 直射日光に当てすぎ
  • 風通しが良すぎる

が原因で起こります。

水切れのトラブル
成長が止まる
貯水葉の周りが茶色く枯れる
貯水葉がひび割れて裂ける

寒さ

寒さによるトラブルは

  • 冬に外に出しっ放し
  • 寒い日の多すぎる水やり
  • 急激な気温の変化

が原因で起こります。

寒さのトラブル
根が凍えて痛む
根腐れを起こす
休眠する

根腐れ

根腐れによるトラブルは

  • 水のあげすぎ
  • 長時間雨にあたる
  • 風通しの悪さ

が原因で起こります。

根腐れが起きると
貯水葉が黒くなる
成長が止まる
カビたような匂いがする

害虫

害虫によるトラブルは

  • カイガラムシ
  • ゴキブリ
  • ナメクジ
  • コガネムシ
  • カタツムリ

が原因で起こります。

害虫が発生すると
爆発的に繁殖する
貯水葉に穴があく
成長点が食われる

病気

病気によるトラブルは

  • 梅雨の高温多湿
  • 葉が密集している
  • 風通しの悪さ

が原因で起こります。

病気が起きると
他のビカクシダに感染する
斑点ができる
茶色く枯れ穴があく

室温は「10℃以上」が理想

気温が低くなりはじめたら、コウモリランをすぐ室内に取り込んで!

寒さに強いコウモリランもいますが、弱い品種はあっという間に枯れてしまいます。

室温は「10℃以上」がおすすめ。枯れることはまずないでしょう。

室温が低いと、コウモリランは「冬眠」してしまいます。

春なっても目覚めが遅くなるので、温かい環境を作ることが大事です。

「貯水葉」はどうして茶色くなるの?▶︎10℃以上が理想!【コウモリラン】冬の防寒対策まとめ

水攻めで全滅!苗を買ったら「害虫駆除」をしよう

新しいコウモリランを購入したら、まず植物に害虫が付いていないかをチェック

もし虫が隠れていたら、他のコウモリランも被害に遭ってしまいます

害虫は美しいコウモリランを、穴だらけにしてしまう厄介な敵。

虫を発見したら、薬剤を散布しすぐに退治してください

コウモリランを綺麗に育てたいなら、虫が発生しづらい環境づくりを心がけましょう。

「炭そ病」は早めの対策が肝心

コウモリランが「炭そ病」を発症したら、枯れてしまった部分をすぐに切り取ってください。

とにかくスピードが大事!!

早めに対策をすることで、被害を最小限にとどめることができます。

梅雨の時期になると、植物は炭そ病になりやすくなります。

お部屋の中が高温多湿にならないように、空気を循環させてください。

酸欠になる「根腐れ」に要注意

根腐れは、水のあげすぎが原因。

根がずっと蒸れていると、酸欠になってしまいます。

水をあげているのに調子を崩したら、まず水苔を乾燥させてみて。

根腐れの原因は、お世話のしすぎが原因だとも言われます。

コウモリランの表情を伺いながら、水やりのバランスを整えましょう。

まずはトラブルの原因を突き止めよう!

コウモリランは、タフな反面とっても繊細な植物。

枯れる原因もさまざまです。

一番厄介なのは、枯れる原因がわかりづらい事なんですよね……

もしコウモリランの元気がなくなったら

①前兆を見逃さない

②原因を早めに特定する

③対処法を即試してみる

ポイントは、「徐々に」「ゆっくり」「様子を見ながら」!!

もし対処法が間違っていたら、トドメを刺してしまうかもしれません。

すぐに対処法が知りたい人は、この記事を読んでね!