初心者

枯れた植物が復活?【効果絶大】コウモリランのおすすめ肥料5選

コウモリランを大きく育てるにはどうすればいいの?

肥料を使ってみたいんだけど、どれを選んだらいいかわからない。

コウモリランは肥料が大好き。相性がいいと、爆発的に成長します。

今回は、コウモリラン初心者におすすめの肥料を紹介します。

これだけ守れば大丈夫。基本的な知識を学んで、育成に役立てましょう。

ラベルをチェック!肥料の3大要素は?

「光合成」をサポートする窒素

緑が濃くなる

光合成を助ける

植物が大きく育つ

窒素は「葉肥(はごえ)」と呼ばれており、コウモリランの成長、葉っぱ、茎すべてにいつような栄養素です。

植物の成長に欠かせない養分なので、肥料でサポートしてあげましょう。

「胞子葉」が大きく育つ・リン酸

胞子葉が育つ

植物が大きく育つ

根が強くなる

リン酸は「実肥(みごえ)」と呼ばれており、主に花を咲かせ、実をつけるサポートをします。コウモリランでいうと、「胞子葉」に効く栄養素です。

他にも、株の巨大化や根の強化にも効果的なので、積極的に与えましょう。

「寒さ」「病気」に強くなる・カリウム

寒さに強くなる

根が強くなる

病気を防止する

カリウムは「根肥(ねごえ)」と呼ばれており、植物の核である根を強化します。病気に強くなり、さまざまなトラブルに対する抵抗力がアップします。

コウモリランの大敵の寒さにも強くなるので、季節の変わり目におすすめの栄養素です。

肥料をあげる場所は?

コウモリランに肥料(固形肥料)をあげる場合は、胞子葉と胞子葉の隙間に置きましょう。固形肥料は水に溶け出して植物へ届くので、水苔に等間隔で埋めるのがベスト。

葉っぱの近く、根っこに近すぎると肥料焼けを起こすので、気持ち遠めなイメージで。

これは、液体肥料「ハイポネックス」を与えている写真です。ギリギリまで乾燥させた状態がベスト。水をほしがるコウモリランが、肥料も一緒にぐんぐん吸収します。

効果は抜群!こんなに上を向いた胞子葉を初めて見ました。元気がないコウモリランにぜひお試しください。

これが効く!お悩み別おすすめ肥料5選

①緑を濃く美しくしたい

プロミック 観葉植物用

 

コウモリランの濃いグリーンをキープしたいなら、「プロミック 観葉植物用」がおすすめ。窒素成分がたっぷり含まれているので、美しい葉っぱの色を保ちつつ、大きく元気に育ちます。

「いろいろな植物用」よりも、よりシダ植物に特化した成分で作られています。

②根を強くしたい

ハイポネックス原液

 

根っこが強くなると、植物は大きく強く育ちます。液体肥料は、即効性がポイント。栄養が素早く植物に届きます。

コウモリランは水はけも大事。液体肥料は、植物の性質上流れ出てしまいがちです。

まず固形肥料を与え、薄めたハイポネックスで1週間に一度ご褒美を与えてあげましょう。より確かな効果が実感できます。

③板付け後のケアに

メネデール

 

メネデールは、肥料ではなく「活力剤」です。コウモリランと相性がとてもよく、板付やトラブル時におすすめ。板付など、植え替え前に散布をすると、ダメージに強い株になります。

また、植え替え後に使用すれば、メネデールが傷ついた部分に沁み、保護をすると同時に発育をうながします。

④コウモリランの元気がない

HB-101

 

HB-101は、スギ、ヒノキ、松、オオバコからエキスを抽出。植物の栄養素がぎゅっと詰まっています。とてもナチュラルなので、ペットを飼っているご家庭でも安心。

水切れでシワシワになってしまったコウモリランに使用すると、短期間で蘇りびっくりしました。しかし、価格が高いデメリットあり。たまのご褒美に使ってあげましょう。

 

⑤コウモリラン初心者におすすめ

ハイポネックス 錠剤肥料

 

ワンコインで購入できる肥料はこれ。お試し肥料としていかがでしょう。ハート形でグリーンの色味なので、水苔にすっと溶け込みます。景観を壊さないフォルムが魅力です。

小さな丸い缶に入っているので、気軽なプレゼントにもおすすめです。

トラブルの原因になる?【肥料焼け】に要注意!

固形肥料がコウモリランの葉に接すると、その部分がトラブルに。

水やりで肥料が動いてしまい、葉っぱの上で溶けてしまうと、濃度が濃すぎて色が変わってしまいます。

コウモリランは肥料好きですが、あげすぎにも注意。美味しいものを食べ過ぎると、人は健康を害します。それと同じで、肥料も適量がおすすめです。

コウモリランは肥料好き!あげすぎに注意

コウモリランは肥料が大好き。成長期に肥料をあげると、成長速度にびっくりするはず。

季節の変わり目や、寒くなる前、植え替え前に栄養をあげれば、植物のトラブルを軽減することができます。

肥料初心者は、まず固形肥料からスタートしてみて。肥料との相性が良かったら、自分で量を調整してみましょう。

コウモリランは、肥料をあげると濃いグリーンの大きな個体に育ちます。ぜひ、チャレンジしてみてください。