根腐れ

【枯れる原因No. 1】コウモリランの「根腐れ」対処法6選

「根腐れ」は枯れる原因No. 1

私は、冬に根腐れでコウモリランを枯らせてしまいました。

どうやら、根腐れは「コウモリランの枯れる原因No. 1」のようです。

植物は根腐れを起こすと、一気に枯れてしまいます。

特に冬の根腐れは厄介で、対処法を試してもほとんど助けることができませんでした。

すぐにケアを!スピード対処がポイント

根腐れの対処法を試すなら、「なるべく早く」「正確に」「症状を見極める」ことが大事です。

コウモリランの根腐れには「前兆」があります。きちんと原因を突き止め、適切な対処法を行ってください。

根腐れの対処法

コウモリランが根腐れになったら、どうすればいいの?

今回は、根腐れの対処法をピックアップしました。

実際にトライして、症状が改善したもののみをご紹介します。

対処法①「すぐに乾燥」させよう

コウモリランが「しわしわ」で元気がない?

コウモリランが根腐れだと思ったら、「すぐに乾燥」させてください。

水苔が完全に乾くまで、水やりは禁止です。

私は、冬場に水をやりすぎてしまい、コウモリランがしわしわになってしまいました。

冬場の根腐れはとても厄介なので、ドライヤーで水苔を乾かします。

熱風は絶対に」禁止!植物に風を当てないように、新聞紙で包むことを忘れずに。

解決法①

  • 水やりを控え、「乾燥」させる
  • 苔玉が完全に乾くまで、水やりは「我慢する
  • 冬場は「ドライヤー」の風で乾かす

対処法②外から中へ「室内管理」にする

葉っぱがだらんと「垂れ下がった」

コウモリランの様子がちょっとでもおかしいと思ったら。

外で植物を育てている人は、「室内に避難」させてください。

太陽光や強い風は、根腐れを起こしているコウモリランにとって、ダメージになります。

きちんと目の届く場所に飾って、きちんと看病してあげましょう。

解決法②

  • 庭やベランダから、コウモリランを「避難」させる
  • 刺激が少ない場所」に置く
  • 目の届く場所」に置き、経過を観察する

対処法③「明るい日陰」に避難

「黄緑色」に色が抜けたら

根腐れを起こしている植物は、「葉焼け」を起こしやすくなっています。

私は、ベランダから植物を取り込んだら、まず日光の当たらない場所に置きました。

刺激が少ない場所」で、ゆっくりと休ませます。

回復の兆しが見えたら、明るい日陰に移動させてください。

徐々に太陽の光に慣れさせるのがコツです。

解決法③

  • まず「陽の当たらない場所」で養生する
  • 明るい日陰」で太陽光に慣らす
  • 直射日光による「葉焼け」に注意する

対処法④「サーキュレーター」を導入

貯水葉が「水っぽい」

コウモリランは、高い木の上が大好きな植物です。実はコウモリランにとって、「」はとっても重要な要素なのです。

コウモリランを購入したら、サーキュレーターを導入してください。電気代はかかりますが、メリットの方が確実に上回ります。

私は、コウモリランに風を当てて、「うまく空気が回る」ように工夫しています。

空気が循環するので、冬は暖かく、夏は涼しい環境がキープできます。

解決法④

  • サーキュレーター」を導入する
  • コウモリランは「強い風」を当てると、元気に成長する
  • 電気代よりも、「メリット」の方が多い

対処法⑤「新しい苔」と交換

水苔に「カビ」が生えた!

梅雨は、高温多湿な環境になり、菌によるトラブルが増加。

ずっと水苔が蒸れていると「カビ」が生えてしまいます。

カビが生えた部分だけ取り除いても、原因そのものを取り除かないと、またトラブルが発生してしまうでしょう。

私は、梅雨に入る前に、「水苔を新しいもの」に替えます。新鮮な水苔なので、カビによるトラブルが減りました。

解決法⑤

  • 梅雨シーズンの前に「水苔」を交換する
  • カビを見つけたら、「すぐに取り除く
  • 水苔が「蒸れないように」水をあげすぎない

対処法⑥板付けをする

葉っぱに「弾力」がない?

根腐れは、水はけの悪さが原因で起こります。

板付けにすると、「余計な水分が下に落ちる」ので、水分バランスを上手に調節してくれます。

根腐れになったら、思い切ってお引越しをするのもおすすめです。

水苔を交換するついでに、環境を改善してあげましょう。

解決法⑥

  • 板付けをして「水はけ」を良くする
  • 板付けで、根っこの「環境を改善」する
  • 水苔を「新しいもの」に入れ替える

「根腐れ」は水分バランスを整えて回避せよ

根腐れは、「水のやりすぎ」「水苔の蒸れ」「風通しの悪さ」が原因で起こります。

湿度が高い梅雨や、気温が低い冬は、対処法を試しても、回復不可能だとか。

季節の変わり目は、根腐れトラブルが激増します。素早い対処で、トラブルを防止してください。