初心者

別名アンゴレンセ【エレファントティス】成長日記|1日目〜40日目

1日目

カテゴリ 数値
天気 くもりのち雨
最高気温 29℃
最低気温 23℃
湿度 70%

ヤフオクでエレファントティスを落札。翌日朝届く。

新聞紙とクレープ紙にしっかり包まれていたのでダメージなし。

育成難易度は中級だそう。

ヤフオクデータ▶︎全長58センチ・横幅46センチ・6寸鉢

5日目

カテゴリ 数値
天気 くもり
最高気温 25℃
最低気温 22℃
湿度 76%

半袖だと肌寒い気温。湿度が高いので、表面だけ水やり。

エレファントティスの胞子葉。濃い緑で絶好調。

エレファントティスの水切れサインは、胞子葉が反ってきたら。濃いグリーンも心なしか薄くなる。

7日目

カテゴリ 数値
天気 晴れ
最高気温 33℃
最低気温 23℃
湿度 60%

久しぶりの快晴。たっぷり水やりをする。ずっと天気が悪かったので、「水」「日光浴」をして元気を取り戻す。

エレファントティスは、トラブルが起きるとすぐに植物に出るので対処しやすい。

ハンギングタイプの鉢に、貯水葉が巻きつく。

早めに板付するか、このまま育てるか。

10日目

カテゴリ 数値
天気 晴れのちくもり
最高気温 31℃
最低気温 23℃
湿度 46%

気温は高いけれど、空気は乾燥気味。たっぷりお水をあげる。

エレファントティスの貯水葉は、星状毛がフサフサ。水を弾いて玉ができる。

ベストシーズンなので、1日で大きく成長する。成長のスピードの速さに驚く。

13日目

カテゴリ 数値
天気 晴れのちくもり
最高気温 24℃
最低気温 21℃
湿度 55%

昨日との気温差約10℃。昼と夜の気温差も大きい。ビカク成長期と同時にトラブルも多い季節。エレファントティスは繊細なので、気をつけなければならない季節。

たった数日で貯水葉が2倍の大きさに広がる。

18日目

カテゴリ 数値
天気
最高気温 25℃
最低気温 20℃
湿度 63%

雨のおかげで気温ぬるめ。子株ラッシュ。3株出ていたけれど、1株枯れてしまう。

水やりをすると溜まってしまう場所だったので、根腐れが原因。

植え替えをしたら子株は出なくなる?このまま鉢で育てようか悩む。

25日目

カテゴリ 数値
天気 晴れのちくもり
最高気温 28℃
最低気温 22℃
湿度 43℃

このエレファントティス。実は胞子つき。ヤフオクの詳細には書かれていなかったのでラッキー。

コウモリランは、胞子をつけたらしばらく休眠するとの噂あり。これから冬だし、成長が止まってしまうかも?

胞子栽培の記事とヤフオクの記事を書こうとおもう。

33日目

カテゴリ 数値
天気 晴れのちくもり
最高気温 28℃
最低気温 20℃
湿度 58%

鉢植えタイプなので、カラカラに乾燥させてから肥料を与える。ハイポネックスを土から吸わせると徐々に効果が。

葉脈の凹凸がさらに深くなり、グリーンがさらに濃く変化した。

このエレファントティスは、超巨大化させたいので、肥料は積極的に与えようと思う。

40日目

カテゴリ 数値
天気 晴れ
最高気温 26℃
最低気温 18℃
湿度 31%

実りの秋。気温が低くなるにつれて、成長も控えめに。

胞子葉の裏に、胞子がたっぷり。そろそろ収穫しようと思う。

胞子栽培をスタートするために、情報収集をスタート。タッパは透明度が高い物を漁ってます。